ブログノウハウ・アクセスアップ

著作権違反でAdSenseがBANされる?ブログで著作権フリー画像を使う上の注意点と厳選サイト6選

更新日:

どこまでが引用の範囲?ブログ記事が著作権違反しない7つのルールで引用定義・範囲をご紹介をさせて頂きました。

引用を利用することで、著作権違反にはならないと言うことになりますが、すべての画像が著作権違反にならないとは限りません。

 

特に「ジャニーズ・芸能人」「オリエンタルランド」などの画像を利用するのは非常に危険です。(肖像権の絡みがあります。)

Googleアドセンスは、著作権違反に対してめちゃくちゃ厳しい規約があります。

 

Google のポリシーとして、デジタル ミレニアム著作権法(DMCA)に準拠した侵害の報告があれば対処いたします。AdSense のサイト運営者様についても、そのような報告を受けたり、サイトが著作権を侵害していると考えられる理由がある場合、プログラムへの参加を停止させていただくことがあります。

出典:著作権侵害

つまりAdSenseアカウントBANです(泣)

AdSenseだけではありません。楽天も著作権違反でアカウントBANされてしまいます。

著作権違反にならないための画像として、商業利用可能の画像を利用することがあげられます。

今回はブログで広告収入を得るためのフリー画像サイト紹介及び、フリー画像を利用する上での注意点を解説していきます。

 

ブログで使用できる著作権フリー画像の4つの注意点

著作権フリー画像は個人利用か商業用OKか?

 

フリー画像には個人利用と商業利用の2種類あります。

個人利用とは、個人で使うだけであれば利用可能の画像です。つまりブログで広告収入を得るために利用する画像では使用することができません。

つまり個人利用の画像でアドセンスは厳密に言えばNGです。

ブログで稼ぐとなると、必ず著作権フリーの商業利用可の画像を使用しましょう。

 

画像の改変はできる?利用規約によってはNGの場合もある。

 

後記記載の商業用の画像フリーサイトを拡大したり、縮小などの画像を編集してはいけない例もあります。

パワーポイントを利用すると画像を編集することが可能で、フリー画像にプラスして違うフリー画像を組み合わせて新しい画像を作ることも可能です。

私もパワーポイントを使って画像を編集・オリジナル画像を生み出しております。

 

しかしパワーポイントを利用する画像の規約によっては、編集自体がNGの場合がありますので、

著作権フリー画像を利用する場合は、サイトの利用規約を読み込んでくださいね。

 

人が移っている画像は要注意!権利は著作権だけではない。

上記の写真のように人が移っている。フリー画像を編集する場合や、載せるコンテンツに注意しなければなりません。

画像自体は著作権フリーでも、人に対しての肖像権が発生するからです。

 

具体的には、この画像に名前をつけたり、良俗違反するようなサイト(アダルトサイト)などに人を乗せると、その人の人権侵害になります。

人物画像を使用する場合は、特に気をつけてください。

 

利用するコンテンツによっては NGの場合がある。

 

著作権フリー画像サイトの中には、載せるコンテンツ(ブログ内容)によっては利用NGの場合あります。

良俗違反するようなサイト(アダルトサイト)が代表的ですね。

ほとんどのサイトはこの手のサイトに画像を使用するのはNGなので、アダルトサイトを運営する場合は利用を控えましょう。

 

著作権フリーオススメのサイト6選

タダピク👈画像検索サイト

出典:http://www.tadapic.com/

 

商業利用可、無料利用可の画像サイトだけに対応した検索エンジンを利用しております。

タダピクが対応しているフリー画像サイトは42サイトも上ります。

基本的にはタダピクに入れたい画像のイメージができる検索キーワードを入れてフリー画像を探す形になります。

 

pixbay 👈めちゃオススメのサイト(当ブログで一番使ってます。)

出典:https://pixabay.com/

 

・商業用OK

・海外の画像が多い。(画質が神・・無料とは思えない。)

・登録不要で画像が取得できる。(1部有料有り)

・多くの画像は著作権を放棄している。

 

Pixabayの画像と動画は、Creative Commons CC0で公開されています。Pixabayのアップローダーは、法律で可能な限り、これらの画像および動画に対する著作権、関連または隣接する権利を放棄しています。あなたは、元の著者またはソースを帰属させずに、商業目的で自由に適応させて使用することができます。必須ではありませんが、Pixabayへのリンクがありがたいです。

出典:Pixabay利用規約

 

AC写真

出典:https://www.photo-ac.com/

・1日5回まで画像検索ができる。

・登録はメールアドレスだけで無料でできる。

・日本の綺麗な画像が多い。(メインブログで一番使ってます。)

・商業利用可

・人物に対しては肖像権があり。

 

足成

出典:http://www.ashinari.com/about/guide/

・登録無しで取得可能

・商業用OK

人物の場合、モデルリリースしていない場合は、顔すべてが移っている画像は利用できない。

 

街画ガイド

出典:http://komekami.sakura.ne.jp/

・商業利用可

・観光地の画像が中心、観光ブログにオススメ

・画像の販売は禁止!

・2010年から更新はされていない。

 

ピープルズ

出典:https://peoples-free.com/

・商業利用は可だが、著作権は放棄していない。(二次配布はNG)

・公共良俗に反するサイトに掲載はNG(アダルトサイトなど)

・画像の直リンク禁止!(画像をアフィリエイトリンクにするのはダメ)

秋月

ワードプレス初心者の方に向けて、著作権フリー画像をご紹介させて頂きました。

著作権フリー画像をそのまま使うのもよしですが、フリー画像ばっかりだと、ブログの差別化ができないのも事実です。

パワーポイントやGARAKUを使った画像編集方法を知っておきましょう。

画像を自動圧縮してくれる【EWWW Image Optimizer】の設定方法

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 大輝 秋月

-ブログノウハウ・アクセスアップ

Copyright© 副業ブログで稼ぎ【不動産購入】を提案する元不動産屋のサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.