ブログノウハウ・アクセスアップ

読まれるブログは何を書く?ページ滞在時間4分の記事作成に最低限必要な3つこと

更新日:

ブログを書き始めて100記事以下しか書いたことがない人の中にはブログ記事に何を書くか分からないって人が多いと思います。

 

その中で悩みが多いのは・・・

[box class="glay_box" title="ブログ初心者が記事を書く時に多い悩み"]

☑ブログの直帰率が高すぎる90%以上

☑ブログの記事の滞在時間が短すぎる。

☑平均セッションが短すぎる

[/box]

 

などの悩みがあると思います。

 

しかしこれから私が紹介する記事作成の上で最低限必要なたった3つの事を意識すれば、ページ滞在時間を3分以上~4分・5分にすることは十分可能です。

このブログはこんな感じ

※特化際とじゃない分ページ滞在時間は少し短めです。

※平均セッション時間とブログの直帰率は連動しますので、直帰率を下げれば必然的にセッション時間は延びます。⇒ここは今は無視。

今回は、読まれるブログに必要な最低限の3つの事をページ滞在時間4分以上の私が解説させて頂きます。

 

ココに注意

この記事は近日中に保護にする可能性があります。

 

ブログは何を書く?読まれる記事作成に最低限必要な3つこと

ブログ記事の見出しに検索キーワード+検索キーワードの答えを書いてあげる

ブログ記事の見出しである<h2></h2>の部分に、検索キーワード+検索キーワードの答えを書いてあげる(h3に答えでもOK)ってことです。

理由は3つあります。

見出しに検索キーワード+検索キーワードを書くべき3つの理由

☑検索キーワードをh2に入れる事でSEO対策になる

☑検索キーワードの答えを見出しに書いてあげることで、読者が素早く答えを見つけやすくなる

☑読者の殆どは文字を読むではなく見る専門!魅力的な見出しを読ませてから本文を読ませる為

1つずつ解説していきます。

 

検索キーワードをh2に入れる事でSEO対策になる

 

検索キーワードをh2に入れる事でSEO対策になるについてはご存じの方も多いですが、h1のタイトル部分にキーワードを入れていくのは当たり前ですが、h2の部分にもキーワードを絡めていくことで、より高いSEO対策を行う事が出来ます。

(あとはmetaタグ description(説明)にもキーワードをいれるのがベスト)

 

ブログ初心者さんがリライトするときはh2のキーワードを見ることをオススメします。

 

検索キーワードの答えを見出しに書いてあげることで、読者が素早く答えを見つけやすくなる

検索キーワードの答えを見出しに書くことにより、読者が素早く答えを見つけやすくなるも重要です。

多くの読者は導入分を読んでから、目次部分に答えが書いてあるかを見てからブログを読む傾向にあります。(私もそう)

 

検索窓は悩みを解決するために入力しておりますから、その悩みを解決出来なさそうなブログって判断されないためにも、見出しに検索キーワードの答えを書いてあげる必要があるのです。

 

読者の殆どは文字を読むではなく見る専門!魅力的な見出しから本文を読ませる為

 

読者の多くの人は、ブログを読みに来ておりません。タダ単純に眺めに来ているのです。

そりゃあ・・・3,000字以上のブログ記事を全部読むなんてかなり大変。

なぜなら多くの人は1秒10文字を読むことが出来るので3,000字の記事を読むのに300秒=5分は記事を読むことになるんです。

 

5分も真剣に読みます?多くの人は読まないんです。

コピーライティング情報商材・ビジネスを学ぶと三つのnotがあります。

ココがポイント!3つのnot

☑読まない(Not Read)

☑信じない(Not Believe)

☑行動しない(Not Act)

とにかくあなたのブログ記事は読まれておりません。

3,000字書いた記事なのに、平均ページ滞在時間が10秒とかだった場合は、見出しをみてサヨナラされている可能性があります。

 

逆に読まれている記事は、見出しに興味を持ち、初めて本文を読んでくれている記事だという事が分かります。

だからこそ見出しに【検索キーワード+検索キーワード】だけでなく、魅力的な文章を入れるべきなのです。

 

検索結果の1位+2位を参考にし、オリジナルコンテンツと体験談を入れる

 

見出しの文字が良くても、肝心の本文がメチャクチャ+ありきたりな内容だった場合は即離脱されてしまいますから、本文に検索結果の1位+2位に自分のオリジナルコンテンツを入れる事が直帰されない為に重要な事です。

今超大事なことをいってます。

検索結果1位+2位を参考にするのは、Googleの上位表示を取る為です。

 

狙っているキーワードで1位・2位を取得しているブログ記事は、Googleが求めているキーワードの答えを書いてあるブログだからこそ評価されております。

それを利用しない手はありません。ですが、コピペはダメです。

 

二番煎じでは評価されませんし、最悪犯罪案件です。

だからこそ、1位+2位のキーワードの答えだけの記事を書くだけでなく、自分の体験・経験を利用したオリジナルコンテンツを入れるのです。

体験・経験コンテンツを入れる事であなただけが読者に価値提供できる色・特色になります。

 

これをやるメリットは、パクられにくいって事ですね。

ノウハウだけの情報はリライトされやすいですが、経験した温度差・感情はどうやってもリライトすることが出来ないからです。

 

ブログは絶対に最初に結論を書く事!

ブログ記事はとにかく読まれません!あなたが一番伝えたい結論は最初に書きましょう。

なぜなら、理由や具体例ばっかり書いて、あなたが本当に言いたいこと・伝えたいことを読まれる前に「このブログ何が言いたいの?」ってなったらおしまいです。

 

もうそのブログに読者は来て貰えません。

会社でもいませんか?理由ばっかり行って結論を言わない無能な人。

 

理由ばっかり言っていると言い訳臭いブログだなって思われないためにも、本文は結論から書きましょう。

(自分もリライトするときに最も気をつけております。)

 

結論から書く時にPREP法を使うとメチャクチャ伝わりやすい

 

本文は結論から書けって言われても、どうやって書いて良いか分からないって方はいませんか?

 

そんなときにメチャクチャオススメなのは「PREP法」です。

 

ココがおすすめ!PREP法とは

☑POINT(導入結論)●●についての結論は●●

☑REASON(理由)なぜなら●●だから

☑EXAMPLE(具体例)具体的には(ここに体験によるオリジナルコンテンツ)

☑POINT(最終結論)だから●●である

 

要するに、結論を2回使う方法です。

気がついた方もいるかもしれませんが【ブログは絶対に最初に結論を書く事!】の見出しの文章はPREP法で書いてます。

 

PREP法を使いながら結論を書いていくと伝わりやすい文章になります。

ぜひ使ってみてください。

 

直帰率なんて90%以下ならOK!逆に直帰率が低いとNGの場合もある

 

直帰率70%~80%越えていて俺のブログなんてダメなんじゃないか・・・って悩んでいる人に朗報です。

基本的に直帰率は90%以上行かなければOKです。実際私のブログは常に89%ぐらいですが、それでもアフィリエイト案件は決まっております。

 

 

そもそも直帰率が低いといけない場合があるってご存じですか?

それはアフィリエイトを紹介しているキラーページですよ!これは直帰率0%だったらもう最悪案件です。

 

考えればすぐに分かることだと思いますが、紹介したアフィリエイト案件は外部リンクすなわち直帰されることになります。

キラーページが直帰率0=アフィリエイトリンクを踏まれない=売り上げゼロの記事って事になりますからね。

 

これだけは避けなければなりません。

逆に直帰率が高いけどページ滞在時間が長い記事だったらどうでしょうか?

 

直帰率が高くページ滞在時間が長い記事というのは、原則【記事の情報に満足して帰って行った】って事になります。

って事は、の情報に納得してアフィリエイトリンクに直帰して、商品を購入してくれる可能性も高いって事と同意義になりますよね?

 

直帰を下げてPVアップって思う気持ちも分かりますが、アフィリエイトリンクを張っている記事に付いては直帰率が低い場合は逆にNG。

読まれる記事を作り、アフィリエイトリンクを踏んで貰うような流れを作る事が大切です。

直帰率が!!って言っている場合じゃないんですよ。

 

はっきり言ってページ滞在時間の方が100倍重要です。

 

まとめ:ブログ記事を熟読して貰った読者はあなたのファン!読み終わった人に行動して貰うようにしよう

 

ブログ記事を読んで貰えると、情報に満足した人はファンになってくれます。

(私は個人的にマナブさんのブログのファンです。)

 

ファンになった人は、記事内で行動してくれる可能性が高いので、記事下に行動先を記しておくのが良いでしょう。

例えば、直帰率を下げたい記事の場合は関連リンクを張り、本文で合せて読んでくださいってお願いすればOKです。

 

逆にアフィリエイトリンクを踏んで欲しい場合は関連記事を張らずにアフィリエイトリンクのみを張ります。

もし何もしなければ、読者が考える時間を与える=検索画面に直帰されてしまう可能性がUPすることになる為、それだけは避けなければなりません。

 

最後のまとめなどに、記事から行動して欲しい内容を書いておきましょう。

字を読んでくれている読者であれば行動してくれる可能性が高いです。

だからこそ読まれる記事=ページ滞在時間が長い記事を作る事が重要なのです。

 

秋月

他にも、画像を入れる・本文にマーカーを付ける・読みやすいように適度な改行を入れるのもオススメです。

※入れすぎると、スクロールがウザくて読者に離脱されます。(実験済み)

読みやすいブログ記事を書くのであればSEOに強いブログ記事の文字数は?初心者が文字数より守って欲しい1つの事も参考にしてみてください。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 大輝 秋月

-ブログノウハウ・アクセスアップ

Copyright© 副業ブログで稼ぎ【不動産購入】を提案する元不動産屋のサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.