不動産屋のブログ運営・web集

反響が激増?不動産屋のweb集客で絶対に抑えるべき1つのキーワード

更新日:

ポスティングなどの集客では無く、インターネットによる不動産集客が出来るようになればどれだけ楽なんだろうって、不動産営業マン時代ずっと考えておりました。

おそらく多くの不動産営業マン・会社でweb集客について、本気で考えたはあるかと思います。

 

私は不動産ブログを2つほど運営しておりますが、ブログでのコメントからのコンサル依頼を始め、アフィリエイトを利用したお客様新規問合せを月15~25組を発生させております。

今では、不動産屋を退職しブログも放置しておりますが、それでも問合せ数は減るどころか、むしろ増えております。

SUUMOやホームズ以外での集客経路を作っておくと、営業マンベースの集客において非常に楽になります。

ですが、多くの不動産従事者は、Googleの上位表示される方法を始め、そもそもホームページ・ブログの開設方法すら知らないのが現実・・・

 

じゃあ!アメブロなどの無料ブログを開設すれば良いのかっていうとそんなことはありません。アメブロは基本NG。

初心者は無料ブログでOKは大嘘!稼ぐなら有料ブログ選ぶべき6つの理由

少ないアクセスでも問合せ・反響を得るには、戦略的に記事を書いていく必要があります。

戦略の結論を言うと、お客様・読者の悩みに直結した記事・解決策があることを明示した記事を書くことです。

 

ブログでアフィリエイトを発生させるのも、記事から問い合わせをもらうためにも、主にグーグルから悩みを抱えて検索してきた人に対して、共感してもらい問い合わせをもらうことを最終ゴールにして記事を書いていかなければなりません。

その為に重要になるのがキーワードです。

そして不動産ブログ・ホームページならではの穴場のキーワードが一つだけ存在します。

 

今回は不動産屋のweb集客において問い合わせを増やすキーワード戦略についてご紹介させていただきます。

 

不動産屋がwebで集客なら絶対に抑えるキーワード戦略は、地名+○○のキーワード!

答えは地名を+○○(メリット)に関するキーワードです。

不動産ブログは地名を最大に生かせるというメリットがあります。

 

しかも、地名の情報に特化した記事ってかなり少ないんです。

例えば金融などのブログを書いていて、金融商品については一生懸命書くと思います。(税金だったり、商品全体・景気など)

 

しかし、地名に関することをタイトルまでにして記事を書くかというとそんなことはほとんどないですよね。

これって地名に関する情報に特化したブログってほとんどないんです。

なぜならその地名に特化したブログを作っても集客するメリットもない上、集客したとしても何を何を売るんですか?っていう話になるブログテーマがほとんどなんですよ。

美容サロンだって、その地域に店があるよってぐらいで、お店の地域に関してアピールすることは皆無です。

 

仮に地域キーワードで集客できてもグーグルアドセンスによる広告収入ぐらいです。

よって、個人が運営している個人ブログで地元のお店を紹介する記事が少しあるくらいです。

 

しかし不動産ブログの多くは、その地名にある新築物件・中古物件などが売り物になります。

その地域で探している人に対して、地名+新築+○○などのキーワードで記事を書けばライバルはおらず、またその地域限定で探している人にとっては魅力的な記事になるのです。

更に家の情報以外にも住むうえで知りたい情報ってあるじゃないですか?

 

・治安だったり・学区・子育てしやすいか?

・固定資産税などの税金が高いか?など・・・

 

この手の記事を増やしていきながら、記事を書いて地域で探しているお客様から問い合わせをいただく流れがベストですね。

売主なら、地域+新築+仲介手数料不要っていうキーワードで上位表示が出来たらかなり強いですよ。

 

不動産web集客で地名+○○記事を書く3つのメリット

アクセスが少ないが、探している情報にマッチしたお客から問い合わせがくる。

 

地名+新築+○○で探してくるお客様は残念ながらアクセスは多くはありません。

ほとんど月で10回ほど検索されるかされないかぐらいでしょう。

しかし、キーワードの数が多ければ多いほど、悩みや願望を解決したいという気持ちが大きいことを表しております。

 

例えば、「新築 2階建て 車2台」で家を探している人がグーグルで検索すると検索ボリュームが約865万もあります。

検索ボリュームも多いので、アクセスも多いキーワードということがわかりますが、「新築 2階建て 車庫2台」だけでは、どこの物件でさがしているかわからないわけです。

その結果1位から10位すべてが、SUUMOかホームズです。

 

仮にこのキーワードで1位を取得したとしても、あなたが販売している2階建て車庫2台の物件が、必ず求められているわけではありません。(探しているエリアがわからない)

一方で上記の「川口市 芝 新築 2階建て 車2台」という5個のキーワードと検索される回数が、上記の複合キーワードに比べてかなり検索される回数が少なくないです。

 

ですが、川口市の芝で探しているお客様がこの情報を見つけたら、上記の「新築 2階建て 車2台」というキーワードに比べて問合せ確率が遙かに高いです。(探している物件情報を提示しているので)

もし物件情報の記事を書くのであれば、地名+物件の特徴を入れたタイトルで記事を書くようにしましょう。

 

記事単位・ブログ単位で商品を成約させるアフィリエイトでは、検索される月数回とかなり少なくても、そのお客様の悩みに直結したキーワード記事で、解決の商品を紹介するので、高い成約率で購入して貰っております。

 

トップアフィリエイターさんはpvよりも成約率を意識してます。

私も成約している月の記事検索回数は1日1回検索される程度のキーワードばかりです。

ただアクセスばっかり集める記事を書いても、反響が増えるわけでは無いのです。

 

地名に関するキーワードはライバルが少ない。上位表示が狙える。

 

地名を入れることで、検索回数が激減してしまうデメリットがありますが、その代わり、グーグルの検索の上位を取得することが容易になります。

 

「新築 2階建て 車庫2台」のグーグル検索1ページではすべてホームズとSUUMOなどのポータルサイトです。(2018年9月現在)→コチラで確認できます。

 

これでは普通のブログはもちろんの事、企業が書くホームページでも太刀打ちできません。

しかし「川口市 芝 新築 2階建て 車庫2台」というキーワードだったらどうでしょうか?

1位から5位まではSUUMOなどのポータルサイトですが、6位からは不動産会社のホームページだったり、gooなどといったポータルサイトに比べてドメインパワーが低いサイトばかりです。

 

おそらくこれくらいであれば、個人ブログでも検索上位表示は十分可能です。→コチラ

アクセスが多いキーワードでも、検索上位表示されなければ意味はありませんし、更にクリックされて記事や物件情報を見てもらったとしても、その検索してきた方に刺さるような情報でなければ問い合わせが増えることはありません。

 

地名キーワードを用いることで、そのエリアで探している人にドンピシャの情報をお届けすることができますから、当然反響・問い合わせの確率が上がるわけです。

 

地名に関する記事がたまると、ブログ全体で地域に関するキーワードが強くなる。

 

最後の地名で記事を書くメリットは、隙間キーワードなので、検索上位されやすいのに加え、地名に関する記事や物件情報を掲載していると、使用している独自ドメインがその地域に関するキーワードがブログ全体で評価されるようになるのです。

 

例えば上記の例で「川口市 芝 新築 2階建て 車庫2台」で1ページ目を取れてきて、ほかに川口市関連の記事を書いていると、川口市・新築というキーワードが評価されるようになり、「川口市 芝 新築 2階建て 車庫2台」のキーワードの記事が「川口市 芝 新築」などでも1ページ目に出てくるようになります。

 

1つの記事で川口市・新築というキーワードで上位を狙う訳ではなく、川口市関連の複数の記事で上位を狙うイメージです。

 

ちなみに「川口市 新築」というキーワードではキーワードプランナーで調べたところ、月100~1000も調べられております。

もしこのキーワードで1位を取得することが出来れば、毎月300人から400人近くに見てもらえることになります。

こうなってくると、今後非常に集客がやりやすくなります。

 

アフィリエイターの基本戦略で、1つのテーマで書き続ける特化ブログという方法がありますが、それはメインになるキーワードを複数の記事で書いていき、最終的には売りたいキーワードが上位表示されるようにするための戦略です。

 

これを同様に不動産ブログでも応用します。

エックスサーバーで独自ドメインの設定方法とワードプレス構築までを解説。

 

不動産web集客の地名+○○の例

地名に関する記事の1例をご紹介します。

当然最初から「川口市 新築」で上位を狙うのはまず無理なので、複数の記事を用意します。その一例がこちら

※川口市+芝+新築+仲介手数料不要(物件情報に問い合わせしてほしい場合の例)

 

検索結果はこちら

コチラの検索結果を見ると、すべて企業(中小)や個人のブログばかりです。

 

SUUMOやホームズなど絶望的なドメインパワーを保有するサイトを相手にするわけではないので、コンテンツの内容次第では勝ち目はあります。

物件情報を載せるときに、参考になるのがファインドゼロさんのページですね。

1つの物件情報で「川口市 新築 仲介手数料不要」としているわけではなく、沢山の物件情報の記事に「川口市 新築 仲介手数料不要」というキーワードを混ぜることで、サイト全体で評価されているイメージです。

 

川口市+芝+新築+未公開(仲介手数料不要にできない場合の例)

 

こちらの情報をみるとセカユさんの情報ばかりですが、同じドメインが検索結果にたくさん出る状況をグーグルは嫌いますので、検索上位に食い込めるチャンスはあります。

 

更によく確認すると「川口市 新築 未公開」という検索キーワードすべてがタイトルに入っている記事はSUUMOしかありません。

 

3語キーワードで上位を目指すのであれば、すべてのキーワードを入れることで、上位表示する可能性が格段と上がります。

ここも狙い目のキーワードですね。複数書けば勝てるようになります。

 

川口市+固定資産税+相場(地名に関する不安を持っている解決策)

 

何も物件情報だけでなくてOKです。

住んでからそのエリアの税金などって気になる人もいるかと思います。

現に「川口市 固定資産税 相場」という検索結果を見てみると5位と6位が知恵袋、4位がe-マンションなので、ドメインパワーもそこまで強くなく、検索上位が狙えるキーワードです。

 

更に知恵袋の内容をみると「川口市 元郷」という超ニッチなキーワードで固定資産税に関する質問があったりします。

知恵袋で質問があるってことは悩みのニーズがあるってことです。

 

この辺を答えてあげるような記事を書いてあげることで、知恵袋同様に悩んでいる人の解決策の提示になります。

記事の下に川口市の物件情報を一緒に掲載しておけば、記事を読み終わった後に、物件情報も読んでくれる可能性は高くなりますよね。

検索では地域に関する情報が少ないからこそ、信頼されるようなコンテンツ作ることでほかの不動産ブログと差別化を図れるわけです。

営業マンベースでブログを書くなら、地域+○○のキーワードはかなり美味しいですよ。

 

99%の不動産屋が勘違い。web集客は物件情報だけ載せればいいわけじゃ無い。

集客する不動産ブログを作るなら押さえるべき4カ条【需要のない記事を書いてもダメ】で紹介してように、不動産ブログには不動産に関する専門的なことを解説する信用コンテンツ(検索されやすい記事)がないと、追客用・問い合わせをもらうキラーページに見込み客を集めることが出来ません。

 

仮にキラーページにいきなり飛んでくれたとしても、この人に問い合わせをしても大丈夫かな?という不安を払拭しなければ、記事を読んだ後に戻るボタンを押されやすいわけです。

だから物件情報だけ掲載しているホームページもダメなわけです。

 

ベストなのは、検索回数が多い不動産に関する解説記事にブログ内に人を集め、その記事に集客するための記事を張って誘引するっていう流れが美しく、かつ決まりやすいです。

 

まとめ

 

この記事で伝えたいこと!

☑不動産ブログで反響を増やすキーワード戦略はずばり「地名+○○(メリット)」を書く。

☑地名+○○を書くメリットは「キーワードで絞っているゆえにマッチングしやすい」「ライバルが少ないので上位しやすい」「地名記事を書き溜めることでブログ全体で地名のキーワードが評価される」の3つ

検索では地域に関する情報が少ないからこそ、信頼されるようなコンテンツ作ることでほかの不動産ブログと差別化を図れる。

 

不動産ブログにおいては、地域キーワードで上位表示が取れるかどうかで反響率が変わってきます。

特に大手では無い地域密着型の不動産屋であれば、地域キーワードを絶対に抑えなければなりません。

これからwebで反響を集めたいって方は不動産ブログの初期段階でアクセスを自動で爆増させる2つの方法【ブログ初心者向け】も合せてどうぞ!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 大輝 秋月

-不動産屋のブログ運営・web集

Copyright© 副業ブログで稼ぎ【不動産購入】を提案する元不動産屋のサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.