不動産屋のブログ運営・web集

web集客で失敗しない不動産ブログのポイント4選を不動産アフィリエイターが解説

更新日:

不動産ブログを一生懸命書いている方で、アクセスが増えなかったり、問い合わせが全くないので更新をあきらめてしまっている人が多いのではないのでしょうか?

私も昔はアクセスも集まらず問い合わせも全くないブログだったため、更新するモチベーションもなくなってしまい3カ月以上ブログを更新しなかった時もありました。

 

現在では、お問い合わせ・質問メールを頂いたり、アフィリエイトで不動産業者への総客が毎月平均15~20件前後発生するサイトまでに進化しました。

なぜなら、これから紹介する4つのポイントを意識して更新するようになったからです。

 

結論から言うと、書きたいことを書くのではなく、お問い合わせ客が知りたい事・グーグルで需要のあるキーワードから記事を書く!

これを意識するだけで不動産ブログのトップ5%には確実に入れます。

 

私の不動産ブログはいろんな企業から問い合わせをもらうので、おそらくトップ3%には入っております。

では、不動産ブログで集客するための具体的な方法についてご紹介させていただきます。

 

不動産ブログでweb集客なら失敗しない4つのポイントとは?

ターゲットをしっかり決めること、ブログのメインテーマは原則1つ

 

ブログは自由に運営することができるのですが、ただ自由に記事を書いたらダメです。

検索から調べてブログに訪れた見込み客が、不動産の記事が書いてあると思えば、美容の事も書いてある、更に婚活などの事が書いてあったら、ブログに訪問してくれる客層がバラバラ。

 

これではSEO的にもよくありませんし、集客するは難しいでしょう。

例えば新築戸建ての販売を目的にブログを始めるとするなら・・・

 

自社の新築戸建てのブログを始める

☑新築戸建てを買える層の年収400万~700万円ぐらいの30代の夫婦に向けて書く

☑30代夫婦が不安に思うことは住宅ローン?家の構造?

☑自社の新築物件に興味はあるけど、問い合わせするのに不安を抱えている30代夫婦

 

 

めっちゃざっくりとしたペルソナ設定ですけど、これがめちゃくちゃ細かければ細かいほどいいです。

 

私の4月に作った不動産ブログのペルソナ設定は、SUUMOやホームズを見まくっているが、30代で希望の物件情報が全く見つからない人に、未公開物件の探し方や「未公開物件を持っている人に問い合わせする方法」をご紹介しているわけです。

 

その結果、つい先日の2018年11月(ブログ作成6カ月目)で6万PV達成及び月10件~15件の問合せが発生しております。

ここからさらに住宅購入の悩みに絞った記事を書けば、おそらくここから一気に増えてくると見込んでおります。

 

ブログ構築前のペルソナ設定はこちらで詳しく解説してますのでぜひご覧ください。

参照:ブログ記事のお客様は誰?読者層を決める前のブログ作成は失敗する話

 

アクセス&役に立つ記事と・追客記事を用意する。

 

不動産集客ブログを作るのであれば、記事に役割をつける必要があります。

具体的に言うと、ブログにアクセスを稼ぐ役にたつ記事(信用コンテンツ)と、あなたに問い合わせをしたくなる追客記事(問い合わせしたときのメリット・会社の商品や、アフィリエイト目的ならアフィリエイト紹介記事)の2種類を用意する必要があります。

 

なぜこの2つの種類の記事が必要かというと、ブログに訪れた人が、毎ページ見るごとに売り込みの記事ばっかだったら、問い合わせしたいと思いますか?

きっとあなたはそのページから営業マンや不動産業者に問い合わせをすることはないでしょう。

 

人は人間関係ができていないのに売り込みされる事を嫌いますので、売り込み記事だけでは駄目なんですよね・・・

 

だから自社のメリットばっかり書いた記事だったり、物件情報だけの記事だけじゃダメなわけです。

 

物件情報だけの記事だったら別にあなたのページでなく、SUUMOやホームズで問い合わせしたほうが良いわけです。情報量が多いからですね。

 

作った不動産ブログから問い合わせしてもらうのは、ブログ運営者であるあなたから得られる価値に興味があるときに問い合わせがもらえるわけです。

 

ここを守らないと、全く反応のない95%以上の不動産屋のホームページ状態になってしまいますね(笑)

 

不動産ブログの一番理想な集客の流れ

①信用コンテンツ(グーグルに需要のある記事・お悩みに答える記事を用意する)

②アクセスが集まってきたら集客用のページ・キラーページを用意する。

③信用コンテンツから来た見込み客を集客用のページ・キラーページに誘引する→問い合わせがくる

④①~③を繰り返して、ブログの規模を大きくしていく。

 

多くの不動産屋のホームページや不動産ブログは①の信用コンテンツ(役にたつ記事がない)のに、物件情報や次に紹介する日記ブログになっているわけです。

これでは全く来ない。

 

①の信用コンテンツを作って、まずは集客よりも狙った不動産キーワードでブログに訪問してくれる人を増やすことから始めましょう。

 

信用コンテンツの一例はこんな感じの記事ですね。

協定道路とは何?新築購入前に知りたい協定道野呂メリット・デメリット

 

協定道路のメリット・デメリットを書いた記事ですが、この記事は「協定道路とは」で検索1位・「協定道路 メリット」2位・協定道路・デメリットで4位と、この3つのキーワードはグーグルでの月に100~1000回検索されているキーワードで上位を取得している記事です。

 

この記事の後に、協定道路の物件の紹介をしたらどうなるか?

 

デメリットと感じている人には問い合わせが来ないと思いますが、協定道路の安いというメリットに惹かれたり、協定道路という言葉を知らずに不安で問い合わせが出来なかった人が、協定道路を理解を示してくれた結果、問い合わせしてくれるかもしれません。

 

少なくとも協定道路の物件をただ記事にUPするより集客効果もあります。

 

不動産をこれから購入しようとしている人は、素人です。

 

見込み客が不安になりそうなキーワードを先回りして記事を書いてあげることで、悩みにも解消でき、その結果、信用が生まれて問い合わせしてくれるって流れなわけです。

 

こういう記事を増やしていけばいいわけですね。(割合でいうと信用コンテンツ8:キラーページ2が良いかと)

参照:反響が増える?不動産ブログで集客するたった1つのキーワード戦略

 

よくある社長ブログの日記ブログはNG!日記ブログに一工夫して役にたつ内容に変えてみよう。

 

先ほどお伝えした通り、信用コンテンツがないとお客様から問い合わせが来ない事をお伝えしましたが、人間味を出せば信用されると思っている方が日記を書いたりしているブログが良く見受けられますが、これは間違いです。

 

ぶっちゃけ、見込み客からしてみれば一般市民のあなたの日常なんてマジで興味がないんですよ。1つの役に立たない(笑)

 

よくある日記を例に挙げてみます。(適当に書いた1例です。)

よくある不動産ブログの例

今日は○○の新規物件の物調にいって境界について問題点が発生。

何とか隣地に話をつけて、民民査定に持ち込んで境界が確定できそうだから買い付け入れた。

これがうまくいけば、今月の数字は達成かな

さあ明日は週末の案内準備だ!がんばろう。

 

我ながら糞な日記を書いてみましたが、こんなのが95%なんですよね。

 

これではSEO的にもNGだし、何より見込み客は仮にあなたのブログについたとしても、一瞬で離脱されてしまいます。

 

ネットにゴミを撒くだけです。今すぐやめましょう。

 

もしこの日記で信用コンテンツを生み出すのであれば、「土地境界 トラブル 民民査定」などのキーワードで境界確定の流れをご紹介する記事を書いた方が絶対にいいです。

 

体験した民民査定は、土地境界で隣地ともめて売るに売れない人にとっては役に立つ記事です。

もしかするとあなたに査定依頼が来るかもしれません。(そっから筆界制度の別の記事も用意すると尚良し)

 

私が昔お客様にガードレール撤去の件でクレームを言われたときに、ガードレールの撤去を体験したので、その記事として車庫前のガードレールを撤去は簡単にできる?撤去費用と3つの注意点を書きました。

 

ガードレールの撤去したい人が「ガードレール 撤去」と調べてくれた人にとってこの記事は役にたつ記事ですよね?

 

もしこれが、ガードレール撤去の日記記事で、ガードレール取るのに1カ月かかったし、あの客うるさかったな~~っていう糞記事だったらどっちのブログを信用してくれますかって話。

 

あなたの体験したことに人間味をプラスして、役にたつ記事を書けば、今日起こった日記も立派な信用コンテンツになります。

 

書きたいこと書くではNG!グーグル検索で需要のあるキーワードを使い、SEOを意識した記事を書く(重要)

 

ネットという大航海であなたの記事が読まれるようになるためには、自分の書きたいことを書いていてはいけません。

うん?と思うかしれませんがこれが真実です。

 

ブログでアクセスがない人、集客や稼げない人はこのようにブログを書いております。

]ブログでアクセスが集まらず、稼げない人の書き方

①書きたい内容を探す

②書きたい内容に需要がないキーワードなのに書いてしまう

③キーワードをチェックしてもライバルチェックを無視してしまう。(キーワードをずらさない)

④上位表示されず結果アクセスが集まらない。もしくは上位表示されるけど、検索されないキーワード

 

1年以上ブログを続けているのに月1万PVも達成でない約90%のブログに当てはまるのですが、1日50pv以上アクセスのあるブログはもうすでに上位3割。

1日500pvに入るブログで上位3%になるといわれております。

 

逆に言えば、集客ができるブログっていうのは最低でも上位3%に入らなければいけないことを意味していることにもなります。

 

出典:ライフメディアリサーチバンク

 

アクセスを集める=一生懸命作った信用コンテンツが読まれるためにはどうすればいいのか?

 

ココがおすすめ

①月1万~10万件ほど検索されているビックキーワードを探す

②ビックキーワードを探して書けそうな内容のキーワードを選択

③ビックキーワードで書いてもライバルに勝てないので、ライバルの弱い3語キーワードを探す

④3語キーワードで書けそうなキーワードが見つかれば、その3語キーワードに対しての答えの記事を書いていく

⑤3語キーワードはライバルが少ないので、上位表示されやすい

⑥良い記事であれば、3語キーワードから2語キーワードでも上位表示され、更にアクセスを稼げるようになる

 

需要のあるキーワードで記事が書けそうだから、記事を書くが正解なんです。

難しいですよね・・・・だからアクセスがないブログが95%以上なわけなんですよ。

 

これさえ守ればTOP5%には一瞬でいけます。

ここでのポイントは3語キーワードで記事を書くってことです。

 

3語キーワードで月に10~100回検索されていれば書くべきですね。

3語キーワードで書くメリットがあります。

 

3語で検索してくる人っていうのは、悩みを限定して調べている為、その悩みを解決したい緊急性が高いわけです!

その悩みに対して回答した記事を書くことで、ビックキーワードでなんとなく検索してくれた人よりも問い合わせしてくれる確率が格段に高い。

 

私が一番収益を上げているアフィリエイト記事は3語キーワードで取得しているものです。なぜならキーワードで、その商品が必要な人しかアクセスが来ないから。

ライバルが少ないキーワードを見つける方法はキーワードプランナーでアクセスが稼げるロングテールキーワードを選定するコツで動画解説してます。

 

まとめ

 

上記でご紹介した方法は、不動産ブログ以外の全テーマとして当てはまることです。

皆さんもアフィリエイト目的の記事しかないブログを見るのは嫌ではありませんか?

 

私も嫌です。

 

集客!集客!問い合わせ!って一生懸命になっているブログもそれもいいかもしれませんが、まずはブログに訪問しくれた人の悩みを解決する為の情報を提供して、見込み客になる訪問者から信用してもらい、お問い合わせをもらう方がうまくいきます。

 

特に不動産は高額商品の為、より信用してもらうってことが大事になります。

 

信用してもらうためには、見込み客になる人がどんなことで悩んでいるかを調べて、その悩みに対する記事を用意すれば必然的に、読者も集まり、グーグルから評価も受け、狙ったキーワードで上位表示されるようになります。

是非上記の4つの方法を参考にしてみてくださいね。

参照:不動産ブログの初期段階でアクセスを自動で爆増させる2つの方法【ブログ初心者向け】

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 大輝 秋月

-不動産屋のブログ運営・web集

Copyright© 副業ブログで稼ぎ【不動産購入】を提案する元不動産屋のサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.