住宅購入・損しない住宅ローンノウハウ

旗竿地のメリットとおしゃれな家が多い理由を元不動産営業マンが解説

更新日:

土地や建売住宅を探していると、土地面積が広いのに販売価格が安い旗竿地(はたざおち)という物件も検討すると思います。(敷地延長:シキエンとも言う)

奥地で日当たりが悪そうといって嫌がる方も多いのですが、整形地にはないメリットが多く存在しているのをご存じでしょうか?

メリットを知らずにして、奥地だからといって断るのは非常に勿体ない・・・

 

特に旗竿地の土地を無視して注文住宅を建てようとするのは、元不動産営業マンの私から見ればかなり無謀な事をしているなって思うぐらい。

注文住宅を建てるための土地を探しているのであれば、旗竿地は非常に注文住宅と相性の良い土地です。

よっておしゃれな家が多いのも事実。

今回は、土地無し客や、旗竿地を検討している人向けに、元不動産営業マンが3分程度でメリット・旗竿地におしゃれな家が多い理由を解説していきます。

 

旗竿地のメリット6つのメリット

土地価格が圧倒的に安い。立地にもこだわれる

 

旗竿地は敷地の部分を旗とし、通路部分が竿のように見えることから呼ばれる名前です。

正方形・長方形などのように整形地ではない上、竿の土地の間口部分(道路との接道部分)が狭いため、土地が広かろうと価格が安いのです。

 

例えば建売住宅の場合、手前(整形地)、奥’(旗竿地)の2棟現場があった場合、土地建物あわせて総額で200万~400万円程度安く旗竿地の方が設定されるのです。

これは純粋に土地価格の差額なので、整形地に比べて2割程度安いイメージと思って貰えればわかりやすいかと。

400万も土地価格が安くなれば、希望している立地が整形地では予算オーバーするところでも、旗竿地なら希望している立地が予算内で購入する事だって可能なのです。

 

土地価格が安いのに、敷地面積が広い

 

不動産の価値を決める要素としては、土地の広さ<接道間口の広さが重要になりますから、旗竿地は土地の間口部分が整形地に比べて狭いため、整形地よりも土地広くても総額では安いです。

敷地面積が広いと言うことは、大きな建物や希望している建物が建てやすいと言うことにもつながります。

 

極端な例ですが、土地が狭い東京都内の物件(土地13坪)程度の土地を購入して家を建ても、頑張って3LDK(ビルトイン車庫)が精一杯ですが、土地20坪程度の旗竿地を購入すれば、通路部分に車庫が作れるので、4LDKの建物を建てることが可能のです。

地方の物件であれば、このような事は無いのでしょうが、土地価格が高いエリアだと希望している建物の条件を満たせないことから、旗竿地を選んだ方が良い場合もあります。

 

周りの家に囲まれている為、プライバシーが保たれる

よく旗竿地のデメリットで【周りに囲まれて開放感がないという】という事を挙げられますが、逆に言えば周りの家に囲まれている、道路の通行人から見えない=プライバシーが保てるというメリットになります。

周りの家に囲まれていることから、リビングで生活している様子はもちろんのこと、洗濯物も周りの家に囲まれていることから、外からでは何も殆ど見えません。

唯一の敷地内に入るための通路部分(約2.5m)の場所がバルコニーであれば別ですが、それでも道路と家までの距離があるため、家の全てが道路に接している家に比べて洗濯物が見られやすいと言うことはありません。

隠れ家みたいなイメージですね。

 

土地面積の割には固定資産税が安い。

 

一見旗竿地は土地面積が広いので、固定資産税・都市計画税が高いと思われがち。

しかし現実は、土地面積が広い割に、固定資産税は整形地と比べて安いです。

(具体的に言えば㎡単価が整形地に比べて格段に安いって事。)

 

当然ですが、整形地の方が土地評価が高いので、固定資産税評価額も旗竿地よりも整形地の方が高いです。

毎年のランニングコストが安くなるって言うのは、土地価格が安いにプラスしてかなりのメリットだといえます。(住宅ローン控除で払ったとしてもお釣りが出る)

 

見えない外構部分よりも、内装にお金が掛けやすい

旗竿地は一般的には、外構費が高くなると言うデメリットがありますが、それは周りの建物に囲まれている敷地部分にも全力で外構を行ったときの話。

道路正面からみて、丸見えのアプローチ(通路部分)だけ外構工事を行い、見えない敷地部分の外構を行わなければ、外構費は整形地の家に比べて安くすることだって可能なのです。

外構にお金を掛けない分。家の内装の仕様・設備にお金を掛ける事ができますので、予算オーバーによる仕様変更をせずに済むというのも旗竿地のメリットの1つ。

どこに力を入れるかによって、家の満足度って言うのが変わります。

 

玄関出てすぐに道路って訳ではないので子供の飛び出しを防ぐことができる。

 

整形地の物件の場合、玄関を開けたらすぐに道路になるので、小さい子供の場合は走って道路に飛び出す危険性が0とはいえません。

しかし旗竿地の場合は、玄関から出ても通路部分があるので、いきなり道路に飛び出すことは0です。

 

特に住宅地で一番多い6m道路の物件はイダルダ・インフォメーションによると、ほかの道路幅員に比べて圧倒的に事故率が多く、その数値は50%以上です。更にそこから死亡例少なくありません。

6m道路は4m以内の道路に比べてスピード出しやすい上、国道よりも不注意が多発するなどの理由から、事故率・死亡率が高い原因ではないかと見れます。

アプローチ部分に門扉を付ければ、子供の飛び出し対策には十分ではないかといえます。(車の出し入れが大変になるが。)

 

旗竿地におしゃれな家(注文住宅)が多い理由

建物にお金を掛けられる(設計士によって間取りがすごく変わる)

土地価格が安く土地が広い上、外構工事に関しても、見えない敷地部分は手を抜けると言う事から建物にお金を掛けやすいので、設計も人によって変わります。

自分オリジナルの家が建てやすいと言うこと。

例えば、日当たり重視で吹き抜けを作る人もいえれば、土地が広いことから、周りの建物にあわせて家の配置を工夫することで空間を作り日当たりを確保するなど・・・

 

また整形地の場合は、道路に見えないプライベートな庭を作るためには、北道路の物件を買わないと難しい上、土地面積も広くないといけないので土地価格が跳ね上がってしますが、旗竿地であれば土地の広さを生かして、道路から決して見えないプライベートな庭にウッドデッキをおいて子供の遊び場を作るって事もできたりします。

旗竿地は設計士の設計によって、日当たりが良かったり、悪かったりする上、家の配置・プライベートスペースの確保など、設計の上手い・下手がわかる物件なのです。

 

ここで注意点ですが、1社だけの設計・プランだけで旗竿地を検討しないって事です。

1社のプランだけで理想を追い求めても、元プランのベース内で変更することになりますので、大きな変更はできない事が挙げられます。

重要なのは、複数社の旗竿地の設計プランを作ってもらい、プランを比較することで、価格はもちろんのこと、希望の間取り・建物を建築することが可能になります。

 

旗竿地の複数のプランを簡単に比較する方法は、累計112万人が利用しているタウンライフ家づくりで設計プランを無料で請求をすることです。

タウンライフ家づくりは、たった3分と言う短い時間で、ハウスメーカー全国600社の中から、購入エリアや希望条件にマッチしている複数のハウスメーカーに無料で設計プランを請求する事ができます。

具体的なプランを請求するポイントとして、所有しているor購入しようとしている旗竿地の土地情報を入力することです。

旗竿地の情報がいい加減だと、設計したプランでは建てられない=設計できないって事にもなりかねませんので、旗竿地の測量図などがあれば、その情報を記入してあげることがベストです。

たった3分で複数の旗竿地のプランを無料で手に入れるはコチラ

 

売地が圧倒的に多い

旗竿地でおしゃれな家=注文住宅が多い理由は、建売業者も買わない事から売地情報が多く、旗竿地は人気が無いと言うことで、相場よりも安く売り出しされている2つの理由により、土地無し客の方が購入しやすい土地なのです。

整形地の場合、未公開時に建売業者や分譲業者が購入してしまいますので、そもそも一般消費者が見るSUUMO・ホームズでは売地情報が少ないです。

またネットに情報が載っている売地情報は、高すぎて建売業者も手を出さなかった物件と言うことで、一般消費者は相場の1.2倍~1.3倍以上の金額を出さなければ購入ができないと言うのが現状。

 

しかし、旗竿地の場合は最大のライバルである建売業者が手を出さないと言うことも有旗竿地を売りたい売主からしてみれば、買手が少ないので、高い金額で売り出しすることが難しく、旗竿地は相場よりも安く手に入りやすい上、売地情報も多いわけです。

旗竿地ってところさえ我慢できれば、土地無し客にとっては唯一にして相場で購入できる上、立地にも拘ることができるので、土地が見つからないって人は旗竿地も見てみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

 

この記事で伝えたいこと!

☑旗竿地のメリットは6つ「土地価格が安い」「土地が広い」「周りの建物のおかげでプライバシーが保たれる」「固定資産税が安い」「外構に拘らず内装に費用が掛けられる」「子供の飛び出しが無くなる」

☑旗竿地に注文住宅が多いのは、土地面積が広い為設計もしやすく、旗竿地は建売業者デベロッパーも買わないので、売地情報が多く、買手が少ないことから相場よりも安く購入しやすい。

☑旗竿地は整形地に比べて無難なプランという物がなく、設計士によってプランが大きく変わるので、1人の設計ではなく、複数社の設計を比べて理想的なプランを探すのが良い。

秋月

旗竿地は設計に個性が良く出る土地の1つです。設計者が上手いと整形地の物件よりも魅力的な間取りが多い・・・

日当たり重視のプランなのか、プライベート空間重視のプランなのかによって印象が大きく変わりますので、旗竿地を検討するときは、プランも踏まえて検討してみてはいかがでしょうか?

たった3分で複数の旗竿地のプランを無料で手に入れるはコチラ

 

-住宅購入・損しない住宅ローンノウハウ

Copyright© 副業ブログで稼ぎ【不動産購入】を提案する元不動産屋のサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.