ブログ構築・Wordpress

画像読み込みを遅くしてブログの表示速度を上げる【Lazy Load】の設定方法

更新日:

ブログに貼ってある画像の読み込みを遅くする【Lazy Load】も、【EWWW Image Optimizer】と合せて取得すべきプラグインです。

 

一見ブログの画像表示を遅くするということは、ブログが使いづらくなるかと思われると思います。

私もそう思っておりました。

 

しかし画像が入っているブログ記事にアクセスしたのブログ表示スピードは、画像をすべて読み込んでから表示するのでページ表示までに時間がかかります。

これではブログ記事がなかなか表示されないので0秒直帰の可能性が非常に高まります。

 

つまりあなたのブログ記事を読んでもらえなくなるということです。

【Lazy Load】を導入後すると画像の表示を無視して、ブログ記事を先に読み込み表示するので、読者がブログ記事にアクセスしてから文章が表示されるスピードがかなり速くなります。

 

つまり直帰率が減る可能性が高いということです。

今回は【Lazy Load】の導入方法と導入すべき理由を解説していきます。

 

ブログの読み込みスピードが検索順位に関係がある!?ブログ読み込みスピードが遅いと上位表示されない

 

海外seo情報ブログさんの記事で、ブログの読み込みスピードが検索順位に関係があるのかという内容をグーグル社員に聞いた記事がありました。

Q: ページの表示速度は米Google (google.com)以外でも導入されているのか?
A: すでにインターナショナルで展開が完了している。

出典:ページの表示速度は日本でもランキング要因になっていた 〜 Google社員に尋ねた11個の質問 at #SMX Advanced Seattle 2012

 

ページ表示速度がアメリカのグーグル以外でも導入されているのかに対して、インターナショナルで展開が完了しているということは、日本Googleも展開が終わっているということになります。

 

つまりページ表示速度が遅い記事は、内容がいくら良くても上位表示されなくなる可能性があるということです。

 

ブログの記事の表示スピードは文字情報→画像情報→表示となっております。

 

このため画像がたくさん入っている記事は、画像処理に時間がかかってしまうためブログ表示がどうしても遅くなってしまいます。

 

読者のためにわかりやすい画像を入れたのに、それがかえってブログ表示スピードを遅くして検索ダウンにつながっていたらショックですよね?

 

【Lazy Load】を入れれば、画像の表示スピードを遅くし、スクロールによって画像に近づいてきたら表示させてくれるプラグインです。

 

画像も遅れてですが映るし、何よりブログ表示スピードが上がるということなので、必ず入れておくべきプラグインということになります。

 

【Lazy Load】の設定方法

プラグインの新規追加で【Lazy Load】と入力します。

すると【Lazy Load】が表示された画面で出てこない場合がありますので、下までスクロールしてください。

【Lazy Load】が見つかればインストールします。有効化しましょう。

【Lazy Load】の設定は、画像を遅くするサイズを200⇒400に変更する設定のみになるのですが、プラグインの画面では【Lazy Load】の編集ボタンがありませんので、左側のプラグイン編集を利用して設定を変更していきます。

プラグイン編集画面で【Lazy Load】を選択し、Jsを選択します。

【Lazy Load】のJsを選択したら、青い四角のコードを200から400に変更してあげます。

 

この変更は画像より200px上にきたら画像読み込みを開始するという設定なのですが、これだと画像から読み込みするまでの距離が短いため、画像表示が間に合わない場合があります。

そこで200から400pxと距離を伸ばしてあげることで、余裕を持たせて画像読み込みをさせてあげる設定にします。

 

200から400に変えてあげて保存すれば、【Lazy Load】の設定は完了です。

 

秋月

簡単に設定ができ、ブログの表示スピードを早くしてくれる素晴らしいプラグインです。

すぐに導入しましょう。

入れた方がよいプラグイン一覧はとりあえず入れておけ!Wordpressブログで稼ぐ為に必要なプラグイン22選!をご覧ください。

-ブログ構築・Wordpress

Copyright© 副業ブログで稼ぎ【不動産購入】を提案する元不動産屋のサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.