ブログ構築・Wordpress

SSL化後のサーチコンソール再登録は順位が下がる?即やるべき1つの対策

投稿日:

サーチコンソールの登録方法によって、重複コンテンツ扱いになることはご存知でしたでしょうか?

え!何となく登録してしまったって人はもしかしたら検索順位が下がっているかもしれませんよ。

 

今まではhttpで運営できておりましたが、グーグルの2018年7月のアップデートでSSL化をしていないサイトは「保護されていないサイト」って表記されてしまう為、SSL化がもはや当たり前になってきておりますが、一文字でもドメインが変わってしまうと別ドメインと認識されてしまいます。

httpで登録したサーチコンソールはまた再登録すべきなのでしょうか?その際にhttpの登録情報は消してしまうべきなのでしょうか?

今回はhttpからhttpsに変えた後、サーチコンソールの再登録の有無・登録方法についてご紹介させていただきます。

秋月

私もサーチコンソールを何となく登録しておりましたが、SSL化をする時と同時に調べた&メンターに聞きました。

5分程度でできる作業なので、サーチコンソールを最適化しましょう。

 

サーチコンソールの登録方法とは?

初めてサーチコンソールを登録する方に向けて、登録方法を解説していきます。

アナリティクスと連結していれば、1分で終わる作業なので非常に簡単です。まずはグーグルのアカウントにログインしサーチコンソールアクセスします。

赤い四角に登録するブログのURLを入れてください。

サーチコンソールでは、サイトの所有権を確認しますので所有権を確認する方法を選びます。

ヘッダーの<mate>タグにサーチコンソール発行のコードを張る所有権確認方法がありますが、少し難しいのでここではアナリティクスの登録による所有権確認をします。

これで登録が出来ましたが、まだ終わりではありませんよ。

しかし1つだけの登録だと、のちに紹介しますが別ドメインによる重複コンテンツ扱いになる可能性があります。

登録したドメインがSSL化されている「https:」から始まるドメインだった場合は、サーチコンソール再登録時の注意点まで飛ばしていただいて結構です。

 

SSL化前に登録したけどサーチコンソールに再登録すべき?

 

すでにhttp://からブログを始めており、httpsのSSL化を行った場合は、httpで登録しているサーチコンソールは使えなくなりますので、再登録する必要があります。

上記の方法でサーチコンソールにSSLしたhttps~始まるドメイン再登録すると、httpsとhttpの2種類が登録されたままになりますが、注意点として使わないhttpから始まる登録情報を消してはいけないことです。

 

当然ですがSの有無によって違うドメインと認識されるため、違うドメインで同じコンテンツが入ったままにしておくと、重複コンテンツとみなされる可能性があります。

そこで、サーチコンソール上でhttpも含めてすべてhttpsで表示させる設定を行う必要があるのです。

では具体的な方法を次からご紹介します。

 

サーチコンソール再登録時の注意!SSL化は4つのパターンすべてを登録すること!

 

https://のSSL化をした場合、元々使っていたhttpの2種類だけって思っている人もいるかもしれませんがそれは違います。

Sの有無だけではなく、wwwの有無も踏まえなければなりません。サーチコンソール登録時に「ドメイン/の検索パフォーマンスを改善できます」メールが届くと思いますが、よくわからないって思っていませんでしたか?

情けない話、私もつい最近まではずっと放置しておりました。でもこの記事を読んでいる今日時点でそれは解決です!

使用するドメインの統一する時は、「http」「https」だけでなく、「https://www」「http://www」も含めた4パターンを登録し、使用するドメイン設定をhttpsにすれば解決になります。

4つも登録するのはメンドクサイですが、重複コンテンツとみなされて検索順位を下げられるのはもっと嫌なので、不安要素をサクッと対処しましょう。

ココに注意

中古ドメインを使いhttpで運営する場合は、httpとhttp://wwwの2つを登録すればOKです。

 

即やるべき!SSL化後のサーチコンソール再登録後のドメイン指定方法

 

「http」「https」だけでなく、「https://www」「http://www」も含めた4パターンすべてを登録したら、使用するドメインの統一を行います。

使用するドメイン設定は、サーチコンソール画面ではなく旧ウェブマスターツール画面を使う必要があります。

まずはサーチコンソールの画面左下の「以前のバージョンに戻す」をクリック

 

https://www無しのプロパティを開き、歯車マークからサイトの設定からwww.無しバージョンを選択します。

これにより、4つの似たドメインすべてがhttpsのSSL化されたドメインに統一されますので、重複コンテンツの心配はなくなるでしょう。

一度サーチコンソールに登録していれば、5分程度で終わる設定ないので是非やってみて下さい。

すでに運営しているブログの場合、wwwと統一することによって、wwwに行っていたドメインパワーにより上位表示が狙えるかもしれませんよ!

ココに注意

www有の中古ドメインの場合は、www.ありを選ぶようにしてください。出ないと被リンクの恩恵が受けられなくなる恐れがあります。

作業はhttps(使うドメイン)だけでOKです。

まだGoogle XML Sitemapsを入れていない人は下記記事にて設定しましょう。

Google XML Sitemapsの設定とサーチコンソールとの紐付け方法を解説

今回は以上になります。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 大輝 秋月

-ブログ構築・Wordpress

Copyright© 副業ブログで稼ぎ【不動産購入】を提案する元不動産屋のサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.