ブログ構築・Wordpress

とりあえず入れておけ!WordPressブログで稼ぐ為に必要なプラグイン22選!

更新日:

ワードプレスで入れるべきプラグインに迷っている方が多いと思います。

実際私もワードプレスを始めた時に、何を入れればいいかわからずにググりまくった事があります。

ワードプレスのプラグインで迷って、ブログが立ち上げられない、ブログを始められないとなったら非常にもったいないです。

今回は、実際に私が入れて良かったなと思うプラグインを22選をご紹介させて頂きます。

秋月

ワードプレス初心者の方に向けて、稼ぐ上で必要なプラグインを厳選させて頂きました。

プラグインを選ぶ羅針盤に使って貰えれば思います。

ブログの利用方法によっては、必要の無いプラグインもありますので、取捨選択をして貰えればと思います。

 

絶対に入れるべきプラグイン10選

【All in One SEO Pack】

 

一番最初に入れて欲しいプラグインです。

All in One SEO Packは、ブログ全体のSEOのキーワード設定、説明文を設定できるだけでなく、

1記事単位でSEO対策・ノーインデックス設定などができる素晴らしいプラグインです

 

さらにこのプラグインのすごさはSEOだけではありません。

ソーシャルネットワークの連結・サイトマップの作成などすべてできてしまうんですよね。

取り急ぎこのプラグインは入れてください。

SEO対策が記事単位で行えるプラグイン【All in One SEO Pack】の設定方法を解説

 

【Google Analytics Dashboard for WP (GADWP)】

 

All in One SEO Packと同時に設定して頂きたいのが、Googleアナリティクスとワードプレスの連結です。

Google Analytics Dashboard for WP (GADWP)はアナリティクスとワードプレスの連結ができるのはもちろんのこと、ワードプレス内のダッシュボードでアクセス解析ができる超優れもの!

これでアナリティクスにわざわざログインしてアクセス解析をしなくても、ワードプレス内ですべてチェックすることかできます。

チェックのコストが下がるんですよね。

ぜひ導入をお勧めします。

ワードプレスとアナリティクスをおしゃれに連結させる【Google Analytics Dashboard for WP (GADWP)】の設定方法

 

【Google XML Sitemaps】

 

グーグルアナリティクスアカウント作成後に設定してもらいたいのが、記事を検索結果にインデックスを早めてくれるGoogleの無料ツール、サーチコンソールへの登録です。

サーチコンソール登録時に必要なサイトマップ作成につかうプラグインがGoogle XML Sitemapsです。

All in One SEO Packでもサイトマップを作成することができますが、Google XML Sitemapsの方がサクッと、サイトマップを作れてしまいますので、取得をするようにしましょう。

Google XML Sitemapsの設定とサーチコンソールとの紐付け方法を解説

 

【WP Fastest Cache】

ブログのスピードを上げるために、キャッシュ生成及びキャッシュ削除をしてくるプラグインWP Fastest Cacheも必須です。

WP Fastest Cacheを入れることで、ブログの表示スピードが格段に上がります。

ブログの表示スピードが遅いと、表示される前にせっかく来てくれたお客様が離脱してしまいますから、

ブログの表示スピードをあげるというのは、ブログで稼ぐ上で必須になります。

ブログの表示スピードを上げると言うと、敷居が高そうで難しいと思うかもしれませんが、このプラグインを入れておけば、勝手に早くなってます(笑)

とりあえず入れといてください。

ブログ表示が遅いのは罪!【WP Fastest Cache】で表示を早くしよう

 

【Lazy Load】

 

Lazy Loadは画像の表示を遅くするプラグインです。

画像の表示を遅くすると言うと、ブログの表示スピードが遅くなると思われガチですが、逆です。

ブログの表示スピードが上がります。

画像を多用している記事を表示させるためには、画像表示⇒文字表示の順番でブログが掲載されます。

画像表示に時間がかかれば当然、ブログの表示スピードが格段遅くなります。

 

Lazy Loadを使うことで、画像表示を行わず、文字表示から行ってくれるようになりますので、ブログの表示スピードが格段上がります。

画像については、スクロールして画像に近づいてきたら画像が読み込み始めるという優れもの!

これも設定は簡単なので、下記の記事を参考に設定してください。

画像読み込みを遅くしてブログの表示速度を上げる【Lazy Load】の設定方法

 

【EWWW Image Optimizer】

 

EWWW Image Optimizerは画像を自動圧縮してくれる素晴らしいプラグインです。

絶対に導入すべきプラグインの1つ

画像が重いと、ブログの表示スピードに影響してきますから、画像を自動で圧縮しておくのは、ブログ運営する上で常識になっております。

ぜひ導入しましょう。

画像を自動圧縮してくれる【EWWW Image Optimizer】の設定方法

 

【Contact Form 7】

 

Contact Form 7は、ブログにお問い合わせフォームを作れるプラグインです。

読者の中で、記事に感銘を受け、個別で連絡を取りたいなと思ったときにお問い合わせフォームが無ければ、あなたとコミュニケーションが取ることができません。

結論から言うと、お問い合わせフォームを作った方が絶対にいいです。

 

読者から頂くメッセージから、ブログを書くネタを頂ける場合もあるし、一番のメリットは、一般の人では使えないクローズドのASPから連絡をいただけることです。

アフィリエイトを行う場合は、単価が高く、承認率が良い広告を使わないと稼げません。

クローズドの案件は、単価も通常より高く、承認率も良いです。

お問い合わせフォームから新たなビジネスチャンスが生まれるので、是非導入しましょう。

【Contact Form 7】を使ってブログにお問い合わせフォームを作ろう

 

【Akismet】

 

スパムコメントから守ってくれるセキュリティ上のプラグインです。

一回経験談として、Akismetをミスってオフにしていたら、海外からのスパムコメントが400件ほど来ておりました(笑)

1件1件消すのは非常に大変な上、最悪の場合ワードプレス自体を乗っ取られる可能性だって否定できませんので、セキュリティ対策をしっかりしておきましょう。

ブログをスパムから守るAkismetの設定方法【WordPressプラグイン】

 

【UpdraftPlus - Backup/Restore】

 

バックアッププラグインです。

ブログが消えてしまっても、復元できるようにバックアップを定期的に取りましょう。

UpdraftPlus - Backup/Restoreは、保存するバックアップのオンラインストレージが多い上、日本語対応されているバックアップです。

 

【Table of Contents Plus】

 

ブログ記事の目次を自動で作ってくれるプラグインです。

読者からみて見出しがあるのとないのでは、記事の読みやすさが変わります。

見出しがあることで、読者がその記事の内容を先に把握できる上、その記事を読むかどうかの価値を判断する上であった方が絶対にいい!

 

見出しのタイトル付けが良ければ、読んで貰える可能性が非常に高くなるし、

その逆もあり得るので見出しは魅力あるタイトルをしっかりつけておきましょう。

今どのブログにも目次をつけているので、目次が無いとどうなるか・・・

想像つきますよね?

(読んでくれない可能性が高いです。)

 

場合によっては入れておきたいプラグイン11選

【Search Regex】

主にHTTPからHTTPSに変換させるために使います。

HTTPのままブログ運営していると、すべての画像データ・記事データなどをHTTPからHTTPSに変えるのはめちゃくちゃ面倒くさい。

Search RegexはあなたのブログのデータのURLを一気に変えてしまう素晴らしいプラグインです。

これとSimple 301 Redirectsを一緒に使えば、サクッとHTTPからHTTPS化に変更することが可能です。

HTTPS化をしてからブログ運営をする方には必要の無いプラグインになります。

保護されている?エックスサーバーの無料SSL化からhttpsへの変更手順

 

【Simple 301 Redirects】

 

HTTPのまま運営していたのが、途中でHTTPSにドメインを変更した場合、なにもしないとHTTPのドメインで来て頂いた読者はエラーページに飛ばされてしまいます。

だってもうHTTPという住所がないんですから・・

Simple 301 Redirectsは、HTTPのドメインに来た読者を自動的にHTTPSのドメインの方に転移させるプラグインです。

 

住所移転前の土地にどこでもドアをおいて新しい住所に飛ばしてくれるというイメージですね。

Search Regexと一緒に使用する場合がほとんどです。

運営しているブログがすでに有り、HTTPからHTTPS化を行う場合にご利用ください。

HTTPS化をしてからブログ運営をする方には必要の無いプラグインになります。

 

【Broken Link Checker】

 

アフィリエイトリンクなどの広告が、広告主の都合によりリンク自体が無くなってしまった場合、リンク切れを教えてくれるプラグインです。

1つ1つの広告主のURLにリンク切れがあるかをいちいち確認していられないので、Broken Link Checkerを使って、リンク切れのプラグインがあったら差し替えるという流れになります。

 

リンク切れのアフィリエイトリンクを張りっぱなしにしているとSEO対策的にはNGになります。

Broken Link Checkerにでてきたらすぐに対応しましょう。

アドセンスだけで稼ぐ人には必要ないプラグインです。

 

【Simple Custom CSS】

 

Simple Custom CSSは主にカエレバ・ヨメレバなどの楽天アフィリエイト・アマゾンアソシエイトの広告デザインを変える時に使います。

では、Simple Custom CSSを使ったカエレバのデザインはこちら
ボタンが出たと思います。この設定ができるのがSimple Custom CSSの効果です。
Simple Custom CSSの設定方法は、韓国ヲタガイドさんの記事のCSSをコピペして張ればOKです。

【TablePress】

 

TablePressはきれいな表を作ってくれるプラグインです。

表を作るときはショートコードで管理しますので、どの記事にも使用することが可能です。

サーバー名無料SSL化速度容量安定感価格(月額)
さくらサーバー×100G(スタンダード)
477円~
ロリポップ120G(スタンダード)
×500円~
エックスサーバー200G(X10)900円~

レンタルサーバーの比較の際に使用した表ですが、こんな感じで綺麗な表を簡単に作ることができます。

商品レビューなどを行う場合は、必須プラグインだといえます。

 

【Master Post Advert】👈必須ではない。あると便利

 

Master Post Advertは記事をページで区切る際に使用するプラグインですが、ここでは区切るためにこのプラグインは使いません。

Master Post Advertにアドセンスコードを入れることで、任意の場所にアドセンス広告を貼ることができる優れもの!

本文内のアドセンス広告はクリック率が高いので、CSSなどをいじれない方で、アドセンスで稼ぐのであれば必要なプラグインです。

 

【Sandwich Adsense】→テーマがアフィンガー5ならいらない!

 

Sandwich Adsenseは各見出し(本文中)の上下にアドセンス広告を貼れるプラグインです。

Master Post Advertのように手動で、広告位置を毎回設定する必要なく、一度設定をしてしまえばずっとアドセンス広告を貼り続けることができます。

特にオススメの位置は、一番最初の見出しの上です。

Table of Contents Plusで形成された目次の下に、アドセンス広告が来るような設定です。

目次の見出しを読んで、記事を読むかどうかを判断している読者に対して、アドセンス広告がみえる位置に張っておくと非常に効果が高いです。(アクティブビュー率も稼げます。)

私のメインサイトのアドセンス広告で1位・2位を争う広告位置なので、簡単に目次の上に広告が張れるSandwich Adsenseをオススメしてます。

【Sandwich Adsense】があれば【Master Post Advert】はいらないかもしれません。

(本文にはアフィリエイトリンクを張れば、アドセンスとアフィリエイトのハイブリットができるようになります。)

 

【TinyMCE Advanced】

 

文字を赤くしたり

マーカー引いたり

太くしたり

文字を大きくしたり

文字に斜めにして線を引いたり

これらのフォント変更を行う為の、プラグインが【TinyMCE Advanced】です。

 

最近のブログ読者は文字を読まず、ブログを見に来ているため、マーカーや赤文字が必須になります。

表現力が広がるので、入れるべきです。

ただあまり文字の色を変えすぎたりすると、かえってブログが読みにくかったりして、読者にマイナスなイメージを与えかねるケースもあります。

文字の配色は多くても2~3色程度に抑えておきましょう。

 

【WP-Copyright-Protection】

 

WP-Copyright-Protectionはあなたのブログのコピペ防止です。

このプラグインが有効になっていると、パソコンなどで右クリックを押しても反応せず、コピペは一切できません。(スマホは別)

コピペ防止の最低限の対策なので、是非導入しておきましょう。

 

WP-Copyright-Protectionはブログがコピペされなくなると言うメリットはありますが、

反対に引用などによる被リンクが受けづらくなるというデメリットも合わせて持っております。

コピペができないので手打ちでしか引用できませんよね。よって被リンクは減ります。(このブログは使ってません。)

 

ココに注意

ブログをカスタマイズする場合は、WP-Copyright-Protectionを有効化から無効化にしましょう。

WP-Copyright-Protectionが有効化でカスタマイズ仕様とすると、カスタマイズ画面が消えてしまうという不具合が生じます。

 

【 WordPress Popular Posts】

 

WordPress Popular Postsは、あなたの人気記事を紹介してくれるプラグインです。

ブログ読者からしてみれば、あなたのブログはどんな記事が人気なのかを知ることができ、その中に興味がそそる記事があれば、併せて読んで貰えるというメリットがあります。

結果、直帰率を下げることにつながります。

ブログ初期には、この機能はいらないかなと思っております。

なぜなら・・・・・・

 

人気記事のPV数をみて、このブログがショボいとおもわれるから・・

 

だって一番人気記事のPVが100以下だったらどうです?

あれ・・読者からしてみればショボっておもいません。

ある程度PVが集まってから導入すれば良いと思っております。

自分で人気記事を調べるのはアナリティクスだけで十分です。

 

ココに注意

アクセスがかなり集まるようになると、WordPress Popular Posts自体がブログを重くする原因になったりします。(常に集計を取っているから)

あまりにも人気ブログの場合は、WordPress Popular Postsを使っておりません。

(ライバルチェックされやすくなり・ブログがおもくなるから)

 

【TinyMCE テンプレート】

 

いつも決まった文章があるのに、毎回記事作成時にその定型文をいちいち打つのって面倒じゃないですか?

いくらコピペするとしても、定型文を変えたい場合は全部の記事やり直し・・・・

もうめっちゃ大変ですよ。

私もめっちゃコレで悩んでいました。

 

調べまくって知った【TinyMCE テンプレート】ですが定型文のテンプレートをつくり、ショートコードで記事に張ることで、定型文を記事に張ることができます。

定型文を変更する場合は、ショートコードで設定した定型文を変更すればOK

記事下に紹介したいアフィリエイトリンクがあったときに非常に使えます。

アフィリエイトリンクの露出を増やして、クリック数を増やしたい人に是非オススメしたいプラグインです。

 

有料テーマ【ストーク】を使うなら速攻で入れるプラグイン



【AddQuicktag】

 

このブログのWordPressテーマ「ストーク」を使っております。

下記のストーク専用のショートコードプログラムをダウンロードし、AddQuicktagにインポートするだけで使えるようになります。

[wpdm_package id='892']

AddQuicktagにストーク専用のショートコードを入れると・・・

[voice icon="https://dokusyonoaki-blognoaki.com/wp-content/uploads/2018/07/15078704_215447578865869_6177417028020504587_n.jpg" name="秋月" type="l fb"]フェイスブックのコメントや[/voice]

[voice icon="https://dokusyonoaki-blognoaki.com/wp-content/uploads/2018/07/15078704_215447578865869_6177417028020504587_n.jpg" name="秋月" type="l line"]ライン風のコメントはもちろん[/voice]

会話風にできるのはもちろんのこと

 

無料テーマは設定やデザインに時間がかかるから、簡単におしゃれなデザイン作れる有料テーマを使うのであれば

ブログ記事を書いて稼ぐと言う点で有料テーマがいいです。

 

無料テーマを使いこなせる人はCSSをいじれる人のみです。

ワードプレス初心者野方が無料テーマは広告を入れるのにも一苦労し、デザイン変更にも時間がかかります。

ブログで結果を最速で出すため、すぐに記事が書けるデザインに時間を掛けない有料テーマにすべきだと本気で思っております。

 

これだけショートコードを使いこなせば、あなただけのブログのデザイン・オリジナルティーを時間を掛けずに行う事が可能です。

無料テーマの場合は、1つ1つCSSのコードを書いていかないといけませんから、無料テーマを使いこなす方がワードプレス上級者なのです。

 

[aside type="warning"]注意

無料テーマの中にはモバイルフレンドリー(スマートフォン対応になっていない)残念なテーマがあります。

2018年7月頃からGoogleの検索順位にモバイルフレンドリーが採用されるため、スマートフォン対応になっていないと、それだけで検索順位が下がってしまいます。

安易によくわからない無料テーマを使うとマジで痛み目に遭います。

どうしても無料テーマを使いたいのであればSimplicity2かコクーンをガチでオススメします。

[/aside]

秋月

2019年2月現在はストークからアフィンガー5に変更してしまいました。

 

ブログ初心者こそ有料テーマでカスタマイズしやすいストークを使うべき




ストークは有料テーマで、1ブログに対して、10,800円かかります。

ええ!!

1万も!

って思うかもしれません。

それはそうですよね。稼げるかわからないブログ運営に対して1万円も出費を出すのですから、ためらわれるのは当然です。

でも・・・・考えてみてください。

 

無料テーマを使って、20時間設定に時間を費やすのと、有料テーマで2時間程度で設定が終わった場合、時給として考えてください。

あなたは時給800円だとしても16,000円分の働きをしているのに対して、有料テーマはたった1,600円で設定が終わります。

その差約14,000円以上ですよね!

結果、ストークの1万円を差し引いても、4,000円はこの時点で得してます。

 

しかも上記のショートコードを使いまくってブログにオリジナルティーが出せる。

冗談抜きで、これくらい設定に時間差が生じます。

なぜなら無料テーマはCSSをいじる必要がどっかしらで出てくるから・・・

 

アドセンス広告の貼り付けなんて特にそうです。

ダブルレクタングルというPCにアドセンス広告を2つ並べる貼り方があるのですが、

ストークは3分で設定が終わるのに対して、シンプルシティを使っていた秋月は2時間かかりましたからね・・・(2017年8月頃)

やっぱりブログで稼ぐとなると、ある程度のデザイン性は必要です。

 

今の読者は、ブログの内容よりもデザインだけで戻るを押してしまうほどシビアです。ブログって言うのはそれだけ競争が激化してます。

でも秋月含めてブログで稼ぐ人は、デザイン変更に時間は掛けていられません。コンテンツ作成に時間を掛けるべきなのです。

実際に「Make Real Estate」のこのブログのデザインは30分で終わっております。

 

ヘッダー画像(有料ソフト)で作るのに15分ぐらいかかったので、実質15分程度でデザイン設定は終わりました。

ブログ初心者がデザイン以外の設定などを入れても2時間程度で終わるはずです。それくらい本当に簡単。

やっぱりそれはこのわかりやすいカスタマイズ画面があるからでしょうね。

 

 

ちなみにこの画面で、【Google Analytics Dashboard for WP (GADWP)】を使わなくても、アナリティクスアカウントの接続が一瞬で終了します。

だからこそブログ初心者にこそ、CSSなどをいじらずにデザインをおしゃれにできる有料テーマが必要なのです。

 

ストークで得られるデザイン性・設定時間の短縮が1万円で高いと思うかはあなた次第です。

 

無料テーマでも稼げない訳ではありません。実際私も月5万ぐらい稼いでいたときは無料テーマでした。

無料テーマからストークに行くのももちろん有りです。

でも・・・最速で結果が欲しいのであれば、有料テーマから始めた方がいいので、ぜひストークを導入しましょう。

 

 

私が入れて良かったプラグイン22選は以上になります。

プラグインは便利なのですが、入れすぎるとブログが重くなる原因にもなりますので、取捨選択をしていきましょう。

ストークについては、絶対に購入し無いといけないかという無理に購入する必要はありません。

もし、購入を少しでも考えているのであれば、速攻で導入した方がいいです。

これは間違いありません。

 

秋月も1万円を出すのは嫌でしたが、実際に使ってみると新ブログを立ち上げる際はすべてストークで作っております。

もうね。1度使ったら最後・・・

一生無料テーマを使おうなんて全く思わないですね。

それくらいめっちゃ楽。

また1万円を払うことで、作ったブログで稼ぐ覚悟が生まれます。

その覚悟が0から1に変える原動力になります。

ぜひ導入してブログで稼ぐ事を、0から1に最速で変えてきましょう。

 

ストークを導入してみるはこちら

 

-ブログ構築・Wordpress

Copyright© 副業ブログで稼ぎ【不動産購入】を提案する元不動産屋のサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.